ネイルスクールで憧れのネイリストに近づこう

カリキュラムを組む

学習する女生徒

ネイリストになるためには資格があると有利です。その資格を取るためには、スクールへ通うことが重要となってきます。
ピンキリではありますが、スクールは費用が結構かかります。低価格なところだと20万から30万円ほどですが、100万円はかかるのが平均的です。
ネイルの資格試験において、出題範囲がとても広く、多大な情報量があります。多くの情報を得るための教材代のことも考えなければなりません。
また、アートの技術を向上するためには練習しかありません。ネイルの道具なども自分で購入することになります。
そうすると、必然的に材料費も多くかかります。資格も受験料が必要です。
資格を取得し、プロのネイリストを目指すには、大きな費用がかかってしまいます。しっかりと自分に適したスクールを選ぶことが大切です。

現在主流のネイルの起源は、20世紀初頭の自動車専用の塗料を発展させたものです。
更に遡っていくと、エジプトでは紀元前に、既に爪を装飾することが流行していたことが判明しています。
日本では平安時代に爪の着色が流行りました。
その後、何回も形を変えて様々な変遷をたどり、今のネイルアートへと辿り着きました。
大きな起源はアメリカというだけあり、日本はアメリカンネイルの規模は非常に大きいです。
ネイリストという職業が登場したのも、100年ほど前のアメリカが発祥でした。
本格的に日本へ参入してきたのは70年代から80年代にかけてのことです。
90年代になると爆発的に流行り急速な広がりをみせました。
ネイルは非常に深い歴史を持っているのです。